<< prev top next >>


「どうぞ」
 カロンが差し出した蜂蜜入りのなつめやし酒を、ルイアナは優雅に手にとって飲んだ。彼女はしばらく目を閉じていた。それから杯を戻した。
「……温めてあって、おいしかったわ。疲れがほぐれたようよ」
「ようございました」
 カロンは受け取った杯を側に控えていた下女の盆に載せた。下女は来た時と同じように台所へ戻った。
「このまま寝椅子で少しお休みになられますか?」
「そこまでの疲れじゃないわ」
 しかし、親族が帰った後のルイアナは疲弊しているようだった。カロンにはそのわずかな疲れの色が見て取れた。
「ともかく、寝椅子に行かれてください」
 既にクッションをのせてカロンが待っている様子を見ると、ルイアナは自然そこへ行かないではいられなかった。

「呆れたかしましさだわ」
 ルイアナはしばらくして呟いた。
「申し訳ありません」
「何故あなたが謝るの?」
「私が完璧に振舞っていれば、私が最後までみなさまとお付き合いしてすみましたのに」
「…それはとても素敵な想像だけど、もし出来たとしても、よしとくわ」
 ルイアナは微笑んでいた。「彼らは私の身内だもの。あなたにその相手を押しつけるようでは、さすがに勝手と言うものよ」
 カロンは黙って銀の水差しを卓から取り上げ、側の銀たらいに水を注いだ。横の籠から取り出した薔薇を散らし、たらいをルイアナへ差し出す。
 ルイアナは目を閉じると、すくった水で頬を塗らした。
「…ああ、気持ちいい。血の上っていた頭も落ち着くようね。――セヌーン」
 部屋の帳の影から、一人の少女が出てきた。

 黒髪に、くすんだ、少し青みがかった灰色の目をしている。どちらかというと物静かで実直な性格の少女だった。
 四年前からルイアナに仕え、カロンと同じように腹心として、似姿として側に控えていた。

「ここにおります」
「ねえ、あの魔術師はまだ館に滞在していたかしら?」
「はい。滞在しております。――ここへ?」
「ええ、呼んでちょうだい」
 セヌーンが奥へ行こうとするのを、ルイアナは再び呼んだ。「セヌーン、待って」
「はい」
 セヌーンは振り返ってじっとルイアナを見た。
「楽師は今館にいたわよね?」
「はい。殿下がお好きな竪琴弾きは今旅に出ておりますが、楽師の一団が数日前からおります」

 ルイアナは門戸を叩く者を快く引き入れていたので、今自分の館に誰がいるのかすら把握していなかった。それを把握して世話を見ているのは、セヌーンたち従者だった。
「その者たちも呼んでちょうだい。急ぎでなくてもいいわ」

 魔術師が先にやって来て、ルイアナに請われ、彼女の気を鎮めるまじないを唱えてくれた。ルイアナはじっと目をつむってしばらく休んでいるようだった。
 魔術師と世間話を始め、しばらくすると市街地へ繰り出していた楽師の一団も登場した。

「待っていてよ。何が得意なの?」
 ルイアナが問うと、楽師の代表らしい男が答えた。
「なんでも。…姫君のお好きな歌はなんでございましょうや?叙事詩もございます、滑稽話もございます、謎々に、芝居風の曲もございますし、哀しい神話も唄い語れます」
 ルイアナはしばらく考えていた。それから言った。
「楽しい曲がいいわ」
「それでは……」
 楽師たちは演奏を始めた。明るい曲だった。心が浮き立つような軽快なメロディーが弾み、豊かに動くひょうきんな表情も、大いに人を喜ばせ楽しませるものだった。賑やかな音を聞きつけて、同じく館に留まっていた軽業師が飛び入りで参加して、場をさらに盛り上げた。
 カロンは時折ルイアナの表情を見ていた。寝椅子の上でクッションに身を沈め、静かな横顔だったが、瞳は和らいでいるように思えた。
 しばらく同じような軽快な曲が続いていた。カロンはやがてルイアナの顔から楽師たちへ目を転じた。
「…殿下はとてもご満足なされたようです。他には何かありますか?」
「はい。では、芝居風の物語はどうでしょう?素朴な話です」
「そうね……」ルイアナは左右に目を転じた。「あなたたち、何が聞きたい?」
 セヌーンは自己主張しない少女だった。それでじっとカロンを見た。カロンは二人からの視線を向けられ、慌てて考えた。「…そ、そうですね。じゃあ、芝居風の曲か、叙事詩がいいです」
「どっちなの?」と、ルイアナ。
「……えーと、じゃあ、芝居風の曲で」
 楽師の代表はにっこり笑った。「かしこまりました」


<< prev top next >>